洗髪を使わないシャンプーを始めてみてから変わった現象

中村アンさんは、過剰に洗顔をしないということを知ってから興味を持った、髪に対する保全はお湯で髪を洗う方法の「湯シャン」です。何とか湯シャンについて聞いたときは、疑わしくて絶対に臭いしきたないというマイナスのイメージでしたが、今ではとってもハマっているビューティー技です。3日光に一度だけシャンプーをするようにしています。湯シャンを始めた時は、2日光にいっぺんだけ洗顔をしました。そして慣れてきた頃に3日光くらいいけるんじゃないか?と思い現在の周期になりました。二日光目線が一番髪の階級がいい感じになります。パサパサしていないし、髪もまとまるし、悪臭も臭くないし、スカルプが乾燥していない趣向を実感することが出来ます。ただし、引き続き3日光目線は臭いも気になるしベタ付きも気になってしまうから帰宅したらアッという間に髪を洗ってしまいます。湯シャンになれると、洗顔したての日光は髪の手触りにパーフェクトしなくなりました。洗いすぎてる趣向もあるし、しっとり感も無くて、オイルをつけたくなります。洗顔のせいで痒くなることもあります。湯シャンをしはじめてから、脱毛も減って元々の毛の盛況さが再建できそうで期待しながらこれからも続けていきます。キレイモ渋谷宮益坂店の店舗情報サイトはこちら